Category: 地図


<テスト公開>
GARMIN用地理院地図 (共有申請承認後ダウンロードできます)

このデータは「GARMIN用地理院地図」です

<収録範囲>

BASEMAP:GSI_BASE.img
北海道:GSI_HOKKAIDO_01-02.img
東北:GSI_TOHOKU_01-02.img
関東:GSI_KANTO.img
中部:GSI_CHUBU_01-02.img
近畿:GSI_KINKI.img
中国:GSI_CHUGOKU.img
四国:GSI_SHIKOKU.img
九州:GSI_KYUSHU.img

Zoom Level – Scale Value (機種により数値は相違)
–BMAP
05 300km
06 120km-200km
07 80km
08 30km-50km
09 20km

10 8km-12km
11 5km
12 2km-3km
13 1.2km
14 500m-800m
16 300m
16 5-200m

<仕様>
Map Code Page: CP1252
JPEG Quality: 60
Contrast: 05-14 20%-100%, 16 40%-100%
Zoom Level: 05-14 標準地図, 16 淡色地図

Test device: GPSMAP 67, Edge840 Solar, zumo XT, Forerunner 965


数値地図(国土基本情報)の更新情報

https://www.gsi.go.jp/kibanjoho/kibanjoho40044.html

「測量法に基づく国土地理院長承認(複製)R 1JHf 1115」
「本製品を複製する場合には、国土地理院の長の承認を得なければならない。」

オートバイには乗れませんが・・・

購入したのは欧州版なので日本語入力はできないが日本語表示の項目はある
デフォルトの状態だと中国語フォントが使用されているため違和感を感じる

.system/ExtDataを確認すると
006-D4511-01~8.binの8つのフォントを確認

画像

006-D4511-02.binは日本語フォントだが日本語表示は006-D4511-01.binを参照している
02を01にリネームすれば違和感のない日本語表示になるがいつも使っているMiguフォントに変更

文字コードがShift-JISの地図は表示できた

【ラスタ】GARMIN用地理院地図【IMG】

nuviやDriveでは表示できなかったラスター地図の表示ができる
BirdsEyeやBlueChartに対応した機種ならラスター地図の表示ができるとのこと
他の地図と併用することでルート案内もできる

既存の機種とはzoomの規則が違い20kmよりも大きなzoom値を入れると表示が壊れる問題が発生
・・・ということで地理院地図IMGのズームレベルを20kmまでとそれ以上に分け、他機種と同一IMGファイルでの使用を目指す
Edge830とeTrexTouch35での動作確認はOK

オートバイナビを車で使用
ちょうど使っていたレーダー探知機が壊れてしまったので交通情報POIも入れる

軌跡ログはGarmin Drive経由でGarmin Exploreに転送するという複雑なことをしている

01-20221018-06-322035
この無線設備は、電波法に定める技術基準への適合が確認されておらず、法に定める特別な条件の下でのみ使用が認められています。この条件に違反して無線設備を使用することは、法に定める罰則その他の措置の対象となります。