【アルコールストーブ】Capillary Stove 製作方法

Capillary Stove 毛細管現象利用式アルコールストーブ

 

02

この構造での考察は最終となります。(たぶん・・・)

<構造・各部寸法>
アルコールストーブまとめ

<材料・道具>
01
・65mm(350ml)空き缶2本
・定規
・カッターナイフ
・画鋲

<外筒>
02
・高さ39mm

<内筒>
02
・高さ35mm
・幅は缶周囲長をそのまま使用する
・接合部ははめ込むのみ
・寸法図参照

<副室ヒダ>
01
・高さ24mm
・幅は缶周囲長をそのまま使用する
・寸法図参照(16ヒダ)

<上部構造>
09
・カッターナイフで内口を切り開く

10
・噴出口:8ヶ所・0.8mm
・画鋲で噴出の向きを決めながら開ける
・高さ10mm

<組み立て>
03
・外筒-副室ヒダ-内筒

04
・上部構造をはめ込む
・外筒上縁を上部構造外縁の内側に折り込む
・このとき上部構造と内筒との間に隙間が出来ないようにしっかり押しつけながら行う

<完成>
01

・全高:38mm
・重量:12.5g
・容量:60ml
・プレヒート:10秒以内
・アルコール50cc燃焼時間:17分

Fire!!!!

カテゴリー: アルコールストーブ | タグ: , , , , | 5件のコメント

某シュガーレス清涼菓子風フォント(旧)

せっかく作ったTTFですが、フォント一新されちゃいましたね。
make_frisk
新バージョン作成するかな。

FRISKフォント

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , | 5件のコメント

BD-1_Logo

某英国自転車ロゴのパクリ

Birdy

BD-1に見えるかな?

 

カテゴリー: 自転車 | 3件のコメント

アルコールストーブの重量

01

・全高:38mm
・重量:12.5g
・容量:60ml

(副室にアルミ箔3枚挿入の物の方が1.5g軽かった)

カテゴリー: アルコールストーブ | 2件のコメント

アルコールストーブで炊飯

アルコールストーブの容量の目安?

01
米1合を磨いで浸水30min
水は先日の経験からちょっと多めの200ml

02
00min:燃料50ml

03
04min:グツグツ
05min:火力調整は考えていないので勢いよく吹きこぼれる
08min:チリチリ・カツカツ

04
13min:焦げたにおい→蒸らし
15min:燃焼終了

05
23min:蒸らし終了

06
スープ用に再度お湯を沸かして完成

自然燃焼だと50mlのアルコールで17minの燃焼時間だが今回は15minほど・・・
輻射熱で気化がすすみ燃焼時間は短縮される。

屋内での実験で50mlの燃料で1合の米を炊くことができた。
条件の悪い屋外だともう少し燃焼時間が必要であろう。

今回の製作使用のCapillary Stoveは容量60ml程度なので1合の炊飯にはちょうど良い大きさと考える。
市販アルコールストーブには火力調整の蓋が付いていたりするようなので途中の火力調整も考えてみたい。

カテゴリー: アルコールストーブ | タグ: , | 2件のコメント

Capillary Stove まとめ

アルコールストーブ (毛細管現象利用式) Ver.2.3

<構造>
01
・全高42mm
・容量60ml
・プレヒート:10秒以内
・アルコール50cc燃焼時間:17分

<材料>
03
・65mm(350ml)空き缶2本

<外筒・内筒・副室ヒダ>
03

02

<上部構造>
04
・内口:42mm
・噴出口:0.8mm・8ヶ

<Fire!>
05

カテゴリー: アルコールストーブ | タグ: , , , , | 1件のコメント

アルコールストーブ (毛細管現象利用式) Ver.2.3

簡単材料で作ることのできる立ち上がりの早いアルコールストーブ

充分野外で使用できるレベルのものなのでひとまず一区切り
黄炎を改善したいが材料・構造の大きな見直しが必要か?

<材料>
・65mm(350ml)空き缶2本
<道具>
・定規
・カッターナイフ
・画鋲

・全高42mm
・容量60ml
・プレヒート:10秒以内
・アルコール50cc燃焼時間:17分

カテゴリー: アルコールストーブ | タグ: , , , , | コメントする

ジオキャッシングとアルコールストーブ

アルコールストーブを持って岐阜の某山でジオキャッシング
03
頂上で昼飯

00
メスティンに一式がスッキリと収納可能—あとここに軍手が入る

01
Capillary Stoveは立ち上がりが早く力強い火力—40mlの燃料で600mlのお湯を沸かすことができます。
たっぷりのネギとかんずりが私の定番。

カテゴリー: GPS, アルコールストーブ | タグ: , , , | コメントする

Capillary Stove 材料は65mm(350ml)缶2本のみ

 

毛細管現象利用アルコールストーブ

01

・副室内挿入のアルミ板は円柱状にままのものを使っていたが、作業の簡易化のため短冊状のものを15折りにする。

02

・内筒の設計変更
・底部は切り込みをいれるのみになり穴開けパンチ廃止
・接合部は勘合させるのみでホチキス廃止(ヒダで安定するようになった)

03

<材料>
・65mm(350ml)空き缶2本

<道具>
・定規
・カッターナイフ
・画鋲

カテゴリー: アルコールストーブ | タグ: , | 1件のコメント

五徳と風防

風に弱いアルコールストーブ用に丈夫な五徳と風防を考える。

細い針金の五徳を作ってみたけど耐荷重に不安。
今のところダイソーの平たいタイプのバーベキュー用金串がちょうど良いかなという感じ。

01

切って曲げてクリップで留めるだけ。
でも、意外と丈夫で鍋の接触面が平らなので滑りにくく安心。

風防は65mm缶を切ってパンチで穴を開け、こちらもクリップで留めるだけ。

00

もっと良い素材を探索中。

カテゴリー: アルコールストーブ | コメントする